やまざき小児科医院ヘッドロゴ



お問い合わせはこちらへ

電話0465-41-1150


診療案内

一般診察

一般診察では、生後0か月のお子さんから診察が受けられます。発熱、咳、鼻水、のどの痛み、頭痛、下痢、嘔吐など症状や、アレルギー疾患(気管支喘息、鼻炎、花粉症など)、小児神経疾患(てんかん、熱性痙攣)、夜尿症などが対象となります。また、おむつかぶれ、湿疹、あせも、とびひ、虫刺されなど、お子さんによく見られる皮膚症状にも対応しています。  


薬について

当院では、本当に必要な薬を慎重に選んで処方しています。

薬について

家庭でのケア

病気を長引かせず、お子さんの体調を速やかに回復させるためには、家庭でのケアがとても大切です。保護者の方が、どのようにお子さんのケアをされたら良いか、医師もしくは看護師が、個別に必ず説明しています。

家庭でのケア

↑このページのはじめに戻る

予防接種

予防接種には、定期接種と任意接種があります。定期接種とは、対象年齢で接種すれば無料(公費)です。詳しくは、市町から配布された「予防接種と子どもの健康」をお読み下さい。当院では、小田原市、南足柄市、足柄上郡、足柄下郡、二宮町の方が公費の対象です。

任意接種は有料(自費)となります。どれも大切な予防接種で、保護者の方に内容を正しくご理解して頂いた上での接種をお勧めしています。  


定期接種

  • 無料

対象の予防接種は、B型肝炎、ヒブ、肺炎球菌、三種混合、ポリオ、四種混合、BCG、麻しん風しん、みずぼうそう、日本脳炎、二種混合です。対象年齢で接種すれば、公費で受けられます。

定期接種

任意接種

  • 有料

予防接種の種類と1回当たりの料金は下記の通りです。

  料金(円) 回数 備考
B型肝炎 5,250 3 2016年10月から定期接種
ロタテック 9,250 3
ロタリックス 13,500 2
おたふくかぜ 5,250 2
みずぼうそう 7,500 2 2014年10月から定期接種
肺炎球菌 9,750 1
インフルエンザ 3,250 2 2015年10月よりワクチン変更

任意接種

VPDを知って、子どもを守ろうの会

VPDを知って、子どもを守ろうの会では、ワクチンによって予防できる病気や、ワクチンのスケジュールの立て方など、わかりやすく説明してあります。是非、お読みになるようお勧めします。

KNOW-VPD!VPDを知って、子どもを守ろう

↑このページのはじめに戻る

乳児健診

公費対象の月齢

  • 無料

乳児健診は公費で受けることができます。住所によって対象月齢が異なります。

住所 月齢 名称
小田原市・足柄下郡 8~9か月 8〜9か月児健診
南足柄市・足柄上郡 10~11か月 お誕生前健診

(二宮町の方は、乳児健診については公費で受けられません)

乳児健診

↑このページのはじめに戻る