やまざき小児科医院ヘッドロゴ



お問い合わせはこちらへ

電話0465-41-1150


お知らせ

他小児科かかりつけのご家庭へのお願い


 現在、他かかりつけのお子様ご家庭からのインフルエンザと日本脳炎、おたふくかぜワクチン接種の問い合わせが多く、対応に困難をきたしています。

 当院は、小児科ですが、高齢の方から12歳までのコロナワクチン接種を6月8日から5か月間行ってきました。途中で中断することなく継続しています。
 9月は、900回近い接種を行い、10月もコロナに対する危機感は変わらず接種に取り組んでいます。金曜日、土曜日の接種は、11月まで続きます。

 コロナワクチン接種は、当院の場合、すべて診療時間外で完全に予約が入り、全くゆとりはありません。
 平日12時30分から14時45分、17時45分から19時30分、土曜日13時00分から19時30分、日曜日14時00分から19時00分で行いました。

 状況が回復し始めてから10月中旬頃からインフルエンザワクチン接種をと考えておりました。例年インフルエンザワクチン接種は、更なる時間外診療で 1600回以上の接種を行います。当面の間、当院かかりつけのお子様及びご家族への対応に専念させていただきたくご理解のほど お願い申し上げます。  

新型コロナウイルス対策(迅速に予防接種、診察が受けられます) 診察時間帯を広げ、待つ場所で混み合わない時間調整をしています。


 診察と予防接種、迅速におこないます。当院は、お子さまと保護者の方に対して、安全性を確保し、コロナに対する厳しい認識を持ち、 アルコール消毒と密にならない距離を取った方法で、感染防止に努めます。

 新型コロナウイルス対策として予約時間の人数枠を調整し、診察待ちのご家族が同じ時間に重ならないよう配慮しています。
 待合室と隔離室4部屋あります。診察室1、2と特診室の3か所あります。他の方と接近しません。
 
 当院から普段の診療状況をメールで随時お知らせします。

近況


9月24日
 新型コロナワクチン接種の時間と0~1歳の平日午前中の予防接種継続しています。小児の急性疾患(発熱は突発性発疹、リンパ節炎、副鼻腔炎、気管支炎)。

予防接種落ち着いた時間に受けられます


 生後2か月からの予防接種、1歳お誕生日からの予防接種、3歳以上の日本脳炎、二種混合(11~12歳)、麻しん風しん(1歳、年長)、 おたふくかぜ(1歳、年長)、ポリオ(年長)、三種混合*(年長、11~12歳)、子宮頸がんワクチンなどの予防接種受けられます。接種日時は、受付窓口、電 話で確認して下さい。事前の予約が必要です。
 *三種混合は百日咳予防です。

当院の診察(6月1日~9月24日)


 気管支炎、副鼻腔炎、咽頭炎、喉頭炎、喘息、鼻水、鼻づまり、眼のかゆみ、RSウイルス、突発性発疹、いびき、咳、中耳炎、 てんかん、熱性けいれん、便秘、湿疹(顔、体、手足)、発達(発語、運動、機嫌)、発育(食事、栄養)、アレルギー(卵、牛乳、 小麦、大豆、イクラ、ピーナッツ、イヌ、ネコ)、胃腸炎(下痢、嘔吐)、とびひ、やけど、おむつかぶれ、水いぼ、皮膚乾燥、手指の荒れ、 やや深めの擦り傷、虫刺され、蕁麻疹、ヘルペス口内炎、扁桃炎、
 夜尿症、夜泣き、成長痛、軽度の打撲、軽度の捻挫。

 保護者の方の診察も行っています。咳、鼻、のど、皮膚症状。

予約時間通りの来院をお願いします


 早すぎず、遅れず、できる限り予約時間通りの来院をお願い致します。

予約時間通りの来院